Japan Study and Waseda University: 50 Years of Cooperation

Gary DeCoker, Ph.D., Director, Japan Study
Japan Study and Waseda University - 50 Years of Cooperation
Richard J. Wood, Ph.D., President Emeritus, Earlham College
The Origin of the Waseda-Earlham Partnership

Japan Study and Waseda University - 50 Years of Cooperation

In September 1963, a group of 23 U.S. students arrived in Tokyo to begin their year at Waseda University. John Fitzgerald Kennedy was the U.S. president, Japan’s economy was beginning to take off, and the Tokyo Summer Olympics were only months away. Three years later, when the first group of Waseda students began their study abroad at Great Lakes Colleges Association (GLCA) colleges, the world seemed somehow smaller and less secure.

The inspired leaders that signed the first exchange agreement between our institutions understood the importance of the Japan - U.S. relationship in this changing world. They also knew that the continuity of the relationship required more than political and economic cooperation. Equally important, our founders believed, was personal interaction between the citizens of our two countries.

On the U.S. side, the exchange program between our colleges began through the initiative of Jackson Bailey, professor of history at Earlham. Jack, as he was known, received his undergraduate degree from Earlham in 1950 and soon after left for Harvard, where he completed his Ph.D. in Japanese history under the direction of Professor Edwin Reischauer, who later became the U.S. Ambassador to Japan.

In 1959, Jackson Bailey returned to Earlham to begin teaching in the College’s history department. About that time, Landrum Bolling became the president of Earlham and developed an initiative that would eventually make Earlham a national leader in study abroad programs. President Bolling instructed his former student to begin an exchange program with a Japanese university. Professor Bailey, in turn, asked Ambassador Reischauer to introduce him to a college in Japan. That college was Waseda University.

On the Waseda side, the contact from Earlham came at a time of growing interest in international programs. Internationally renowned scholar and Waseda president Nobumoto Ohama himself became a strong supporter of the Earlham - Waseda relationship. The result of these efforts was the beginning of the International Division program that accepted students from U.S. colleges and later from around the world.

Faculty members from departments across the Waseda campus and from nearby universities taught in the new study abroad program along with two professors with positions dedicated to the International Division, Yuriko Ikeda and Michiko Nakahara. These two professors remained affiliated with the study abroad program for most of its 40-year existence, teaching courses, leading study tours, and arranging for co-curricular opportunities.

The first group of Japan Study students at Waseda came from Earlham and Antioch College. These two colleges conducted the early negotiations with Waseda as representatives of a group of liberal arts colleges in the Midwestern states that eventually formed the Great Lakes Colleges Association (GLCA) in the early 1960’s. The Associated Colleges of the Midwest (ACM) later joined the Japan Study partnership to become what still is known informally at Waseda as the GLCA/ACM program.

Over the years, the GLCA and ACM consortia have grown to serve many important functions for their member colleges, building on the institutional cooperation that formed Japan Study and other international programs. Their current efforts, which involve presidents, deans, and other administrators as well as faculty members, focus on a range of issues beyond the initial cooperation related to study abroad. Virtually any issue of importance to U.S. liberal arts colleges has been studied by the GLCA and ACM consortia, and its members are recognized around the world as leaders in higher education. But after 50 years, what is often forgotten is that the origin of the GLCA itself and of its cooperation with ACM resulted in large part from the emerging relationship with Waseda University.

At Waseda, a significant change took place in 2004 with the opening of the School of International Liberal Studies (SILS), which evolved from the earlier International Division study abroad program. And here, too, the impetus for that dramatic initiative came from the other side of the Pacific. The founding Dean of SILS, Vice President Katsuichi Uchida, was an exchange professor at Kalamazoo College in 1985-86. It is not an exaggeration to say that Professor Uchida drew on his experience at this GLCA college when he became a leader in the creation of the School of International Liberal Studies.

The unique part of the relationship between our institutions is its comprehensive nature. From the beginning, the exchange has been a two-way street, or perhaps “jet stream,” moving in both directions. Students, faculty, and administrative staff have made the trip over the Pacific Ocean to work together, learn from each other, and to be transformed by experiencing higher education in the other’s country.

People are the foundation of our relationship, but in a brief history it is impossible to acknowledge them all. Starting with the founders, both Earlham President Landrum Bolling and Professor Jackson Bailey received honorary degrees from Waseda in recognition of their groundbreaking work. The Japanese government also honored Professor Bailey when he received the Order of the Sacred Treasure in 1988. That same year President Haruo Nishihara of Waseda was presented with an honorary degree from Earlham as a way of commemorating the 25th year of our partnership and to show gratitude for his support and that of his predecessors, most importantly President Ohama.

During our 50 years of cooperation, nearly 1,500 students from American colleges and universities have attended Waseda University, and a similar number of Waseda students have spent a year abroad at one of the GLCA/ACM colleges. Many of them have gone on to distinguished careers as diplomats, scholars, artists, and business executives. They play important roles in a wide range of settings linking Japan, the United States, and the rest of the world.

In the arena of politics, Earlham alumnus David Shear, who spent the 1973-74 academic year at Waseda, recently became the U.S. Ambassador to Vietnam. His previous posts included Sapporo, Tokyo, and Beijing. From Waseda Izumi Nakamitsu, who spent the 1984-85 academic year at Hope College, currently serves as Director of Asia and Middle East Division in the United Nations Department of Peacekeeping Operations.

Numerous participants in our exchange programs later became professors, and some of them continue their Waseda and Japan Study connection. Kotaru Yoshida, a Waseda exchange student at Wabash College, later taught in the economics department at Albion College. And five current Waseda professors were exchange students at GLCA/ACM colleges. Jonathan Stockdale, graduate of Kenyon College and 1985-86 exchange student at Waseda, and Judy Tyson, a 1967 graduate of Earlham College and 1966-67 exchange student at Waseda, are now both teaching in the religion department and Japanese language department respectively at the University of Puget Sound, a college long affiliated with Japan Study. Richard Emmert, alumnus of Earlham and 1970-71 student at Waseda, taught courses on Japanese performing arts for many years in the International Division program.

The careers of many faculty members, too, have been changed by their participation in our faculty exchange programs. Vice President Katsuichi Uchida, mentioned above, established SILS and now leads the International Affairs division at Waseda. Richard Wood, who became assistant professor of philosophy at Earlham in 1966 with little experience in Japanese Studies, served twice as the administrator in charge of Japan Study at Waseda.  This experience led him to engage in academic study of Japan and also to enter administration. He later became president of Earlham College and most recently served as the director of the prestigious Japan Society in New York City.

Our institutions, too, have been transformed by our work together. In 1963, few GLCA/ACM colleges taught courses on Japanese language, culture, and society. Now most of them offer instruction in Japanese. And in the early years of Waseda’s International Division, few non-Japanese faculty members taught in the study abroad program. Now faculty members in the School of International Liberal Studies represent countries from around the world, and the Ph.D.’s held by the Japanese faculty members who teach at SILS are equally international.

Akio Shimizu, 72-73 Kalamazoo College, Waseda Law School

清水章雄氏(カラマズー大学)ロースクール

Nobuhiko Fuwa, 82-83 Beloit College, Graduate School of Asia-Pacific Studies

不破信彦氏(ベロイト大学)アジア太平洋研究大学院

Koichi Takase, 86-87 Monmouth Colllege, School of Commerce

高瀬浩一氏(マンモス大学)商学部
Shigeru Yamada, 86-87 Grinnell College, School of Commerce

山田茂氏(グリンネル大学)商学部
Rika Hanamitsu, 88-89 Kalamazoo College, School of Social Science

花光里香氏(カラマズー大学)社会科学部

We cannot say that all of the changes that have made our institutions more international over the past 50 years have come directly from the cooperation that we began in 1963. But it is certainly true that our partnership set the stage for additional developments that have allowed Waseda to call itself with pride, “the most international university in Japan,” and have made the GLCA and ACM nationally recognized leaders in study abroad and international education.

A true history of the Waseda - Japan Study partnership would require the years of research typically devoted to a Ph.D. dissertation. Perhaps one of our alumni will take up that challenge! Until then, this book of recollections will have to serve as a reminder to everyone involved in the program that long lasting relationships need a firm grounding and willingness to evolve with the times. Our institutional partnership has continued to be relevant over a half century by keeping its focus on person-to-person exchanges while remembering our larger goal of mutual understanding and cooperation between our two countries.

As I finish writing this brief remembrance while sitting in my office at Earlham College, I am tempted to add a list of names of people at Waseda who were especially supportive of Earlham and our GLCA/ACM colleges. To make such a list--even if it included dozens of names--would risk missing someone who played a crucial role in years past. We are indebted to so many people at Waseda from the many deans who led the International Division, to the faculty and staff members who served on and supported the advisory committee, to the current members of SILS and the Center for International Education (CIE). But instead of trying to list everyone, let me mention only one person who I personally found especially supportive during my year as Resident Director in 1991-92, a person who I believe represents the generous spirit of Waseda University in its support of the Japan Study partnership.

Professor Yoji Tanabe was dean of the International Division when I arrived in 1991. I will always remember his wide smile, deep laugh, and flawless English. Whenever we met, he took time to inquire about our students, my research, and my artist wife Pamela. Early in our year at Waseda, we had a lovely dinner at his home, and afterwards he showed us many paintings made by his father when he had travelled to Europe. At the end of the evening, he gave my wife an exhibition catalog of his father’s work, which she still treasures.

I wondered then how someone as busy as Professor Tanabe could consistently be so personable. But I realize now that he was passing on the similar goodwill that his father received in Europe and that he himself received as a graduate student in the United States. As a committed internationalist and a dedicated teacher, Professor Tanabe understood the importance of nurturing those who follow you in the same way that you yourself have been nurtured.

Hundreds, probably thousands, of similar personal relationships and kindnesses make up the lives of those who participated in the Waseda - Japan Study relationship these past 50 years. I hope that the future will give us many more opportunities to pass on to others the generosity and goodwill that we have received from our forebears who worked so tirelessly to create this enduring partnership.

 

ジャパン・スタディと早稲田大学50年の協力

1963年の9月、23人のアメリカ人学生が早稲田大学での1年の留学のため東京に到着した。アメリカはジョン・F・ケネディーが大統領で、日本の経済は高度成長期にさしかかり、東京オリンピックの開催にはあと数週間だった。3年後、早稲田大学から最初の留学生たちがGLCAの大学へと留学し、世界は何となく小さくなり、また世間は物騒な雰囲気が漂っていた。

この変わりゆく世界の中で、最初の留学プログラムの協定書に調印した先見の明のあるリーダーたちは、日本と日米関係の重要性を理解していた。彼らはまたその関係を継続していくためには、政治や経済での協力以上のものが要求されるということも知っていた。プログラムの創始者たちは日米2国間の市民たちの交流が同じように重要であると信じていた。

アメリカ側ではアーラム大学の歴史の教授であったジャクソン・ベイリー教授がこの交換留学プログラムの指揮を執っていた。ジャックとして親しまれている彼は、1950年にアーラム大学を卒業し、ハーバード大学院へと進学した。そこで後年在日米国大使となるエドウィン・ライシャワー教授の元で、日本の歴史の博士号を取得した。

1959年ベィリー教授は母校のアーラム大学の歴史学科にもどり教鞭をとった。その頃、ランドラム・ボーリング教授がアーラム大学の学長となり、後年にアーラム大学が全米のスタディ・アブロード・プログラムのリーダーとなる基礎を構築した。ボーリング学長は、自分の教え子であるベイリー教授に日本の大学との交換留学を始めるよう要請し、ベイリー教授は、ライシャワー教授に日本の大学を紹介してくれるようにと依頼した。それが早稲田大学であった。

早稲田大学側は、ちょうど国際プログラムへの興味が萌芽した時期にこの打診を受けた。国際的に著名であった当時の早稲田大学大浜信泉総長は、アーラム大学と早稲田大学の関係樹立の強いサポーターとなった。これらの努力の結果、アメリカの大学からの学生を受け入れることから始まり、後に世界中の学生を受け入れる国際部プログラムの創設へとつながった。

早稲田大学の様々な学部の先生方、または東京近郊の大学の先生方、後に国際部の専任教授となる池田百合子先生と中原道子先生などが、この新しいスタディ・アブロード・プログラムの授業を担当した。池田先生と中原先生は、国際部のプログラムに中心となって貢献し、授業はもちろんのこと、関西旅行、学生が個人的に日本の伝統的な文化を学ぶ課外授業などもそのアレンジを担当した。

最初の留学生たちは、アーラム大学とアンティオーク大学の学生であった。これらの2つの大学はアメリカの中西部のリベラル・アーツ大学を代表して、早稲田大学との交渉を主導してきた。それは1960年代の五大湖周辺私立大学連盟(GLCA)の形成へとつながっていった。一方中西部私立大学連盟(ACM)は、少しあとからこのジャパン・スタディに参加し現在はGLCA/ACMと呼ばれている。

長い間、GLCA, ACMともに加盟している大学に対して、多くの重要な役割を果たし成長した。大学間の協力によりジャパン・スタディを創設し、その他の国際的な教育プログラムも開始した。最近は、連盟各大学の学長、教務部長、教員をはじめ多様な役割を持つ大学のアドミニストレーターなどと共に、スタディ・アブロード・プログラム以外の様々な課題に取り組んでいる。実際にアメリカのリベラル・アーツ大学におけるあらゆる課題について研究し、世界の高等教育界においてリーダー的存在として目されている。しかしGLCAの基礎とACMとの協力体制は、実は今から50年前に早稲田大学との関係から始まったということはしばしば忘れられている。

早稲田大学においては、2004年に重要な変化があった。それは旧国際部のスタディ・アブロード・プログラムから展開した国際教養学部(SILS)の創設であった。そして、ここにもアメリカ側からの刺激があった。SILSの創設者であり初代のSILS学部長、現在は常任理事・副総長の内田勝一教授は1985-1986年度のジャパン・スタディの交換教員としてカラマズー大学に派遣されていた。内田教授がSILSの創始者となった時、GLCAの大学での経験を参考にしたと言っても過言ではないだろう。

この大学間関係のユニークな点は、その包括的な関係性にある。当初より交換関係であり、あるいは「ジェット気流」で、双方向の関係であった。学生、教員そしてアドミニストレーター、スタッフは、太平洋を渡りお互いに一緒に仕事をし、学び合い、他の国の高等教育の経験をすることで、大きく変化していった。

人は、我々の関係の基礎である。しかしこの短い歴史のコラムで、そのすべての人々について書くことは不可能である。創始者であるアーラム大学のボーリング学長そしてベイリー教授は、未曾有の功績により早稲田大学の名誉博士号を授与された。日本政府もまた彼の業績を讃え、ベイリー教授は1988年に瑞宝章を叙勲した。同じ年ジャパン・スタディの25周年を記念し、当時の西原総長と元大浜総長の偉業を讃えるためにアーラム大学は名誉博士号を贈った。    

50年間の協力でアメリカの大学からほぼ1,500人の学生が早稲田大学で勉強をした。そしてほぼ同数の早稲田大学の学生たちが、GLCA/ACMの大学に派遣された。多くの卒業生が外交官、学者、芸術家、実業家などのキャリアへと進んでいった。彼らは、日本とアメリカ、世界を網羅する広いつながりをもった重要な役割を担っている。

政治の分野では、アーラム大学の卒業生で1973-74年度の学生であったディビッド・シェアー氏は、在ベトナム・アメリカ大使となった。彼のその前のポストは、札幌、東京、北京などである。早稲田大学側では、1984-85年度にホープ大学に派遣されていた中満泉氏が現在国連の国連平和維持活動(PKO)アジア・中東部長である。

数多くのプログラム卒業生は早稲田大学や、GLCA/ACMの連盟関係の大学で教鞭をとっている。吉田孝太郎氏は、ワバッシュ大学に派遣され、その後アルビオン大学にて教えた。そして5人の早稲田大学の教員は、早稲田大学の学生時代に派遣生としてGLCA/ACMの大学に留学している。ジョナサン・ストックデール氏はケニヨン大学から1985-86年度に早稲田に留学し、今はジャパン・スタディ・と長い交流のある(学生を送ってきている)ピュージェット・サウンド大学の宗教学科で教えている。リチャード・エマート氏は、アーラム大学の卒業生で1970-71年度の留学で、日本の芸術について長いこと旧国際部で教鞭をとった。

多くの教員のキャリアも、交換教員プログラムによって変化した。先に述べた内田勝一常任理事・副総長は、SILSの創設者であり、現在は多様な国際プログラムをリードしている。リチャード・ウッド氏は1966年にアーラム大学の教員となった時には、日本との関係はほとんどなかった。RDとしての2回の経験は、日本研究へと発展しアドミニストレーターとして、そして彼は後にアーラム大学の学長となり、退職後はニューヨークのジャパン・ソサエティの会長も勤めた。     

アメリカのGLCA/ACM加盟大学も一緒に仕事をすることで大きく変貌した。1963年には、GLCA/ACMの大学で日本の言語、文化、社会について教えているところは非常に少なかった。そして、初期の時代には早稲田大学の国際部でもスタディ・アブロードで教えた経験のある外国籍の教員は少なかった。今は、SILSの教員は世界中から来ており、日本人の博士号を持っている教員も大変国際的である。

50年間に起きた私たちの大学の国際化が、すべて1963年に開始されたこの大学間の協力に起因しているとはいえない。しかし早稲田大学が「日本で一番国際的な大学」になり、またGLCA/ACMの大学が国際教育やスタディ・アブロード・プログラムにおいて世界的なリーダーとなったその基礎を、私たちのパートナーシップが築いたことは確かだ。

早稲田大学とジャパン・スタディとのパートナーシップにおける包括的な歴史は、博士論文の研究を必要とするだろう。もしかしたら、ジャパン・スタディの卒業生がいつかそれを書いてくれるのではないだろうか。その日までは、この思い出の綴られた記念誌がプログラムにかかわったすべての人たちのための記録である。そして人々の長く続いていく関係には、しっかりした基盤、時代に対応する志が必要だ。

半世紀の間、私たちの大学間のパートナーシップは日米の理解と協力ということを大きな目標にしながらも、人と人との交流に焦点を定めてきた。

私は、この文章をアーラム大学の研究室で書き終わろうとしている。そしてアーラム大学とGLCA/ACMに対し、特に支援をして下さった早稲田大学の方々のお名前のリストを作ってみようかと思った。しかし、それは何百人もの人々になり、また過去に大変重要な役割を担われた方が漏れてしまう恐れもある。旧国際部をリードした歴代の国際部長、運営委員会にご協力いだいた教員や職員の方々、現在のSILSや留学センター(CIE)の人々、たくさんの方々のご尽力があった。よって、すべての人々のお名前を書くことは難しい。よって、私がRDとして早稲田に滞在した1991-92年度に大変お世話になり、また早くからジャパン・スタディを支えてくださり早稲田大学の寛大な心を代表する方のことを書きたい。

田辺洋二先生は、1991年に私が早稲田大学に来た時の旧国際部の部長だった。私は彼の大きな笑顔、響きのある深い笑い声、なめらかな英語をいつも思い出す。会えばいつも学生たち、私の研究、芸術家である私の妻のパメラのことなどを尋ねてくれた。早稲田に到着して間もない頃、彼の自宅での夕食に招かれた。そして、画家であった彼の父親がヨーロッパを旅行した時の多くの作品を見せてくれた。その夜の帰り際、彼は父親の作品の展覧会のカタログを私の妻に贈呈してくれた。妻は今でもそれを大事にしている。

私は田辺先生のような忙しい方が、なぜこれほどまでに常に人々に対して細やかに心を配れるのかと不思議に思う。しかし、今思うと彼は自分の父親がヨーロッパで受けたと同様に、彼自身がアメリカの大学院で受けた恩を返しているのではないかと思う。国際的であり献身的な教員であった田辺先生は自分が歩んだ道の後にくる人々を育てることの重要性を理解していた。

 

 何百人、あるいは何千人というこのようなすばらしい人々のおかげによって、この早稲田大学とジャパン・スタディのプログラムに参加した人々の人生を50年もの間、形作っていった。私は、プログラムがこのように継続するために尽力してくれた人々から受け継がれた寛大さとすばらしい意思を次の世代へとつないでいってくれることを希望している。

The Origin of the Waseda - Earlham Partnership

Two seemingly unrelated events in higher education took place in 1962 and 1963.  In the United States, twelve of the leading liberal arts colleges from Indiana, Michigan, and Ohio formed a cooperative effort, The Great Lakes Colleges Association.   In Japan, Waseda University, in cooperation with Earlham College, opened a small International Division (Kokusaibu), for foreign students.

The link between these two events was, of course, Earlham College, a founding partner in both.   It is also no accident that the first chairperson of the Board of Directors of the Great Lakes Colleges Association (hereafter referred to as GLCA) was Earlham’s president, Landrum Bolling.   Landrum was, arguably, the most visionary of the founding presidents of the GLCA.

 The idea behind the GLCA was that a consortium of colleges could create many of the benefits of a large university without the bureaucratic liabilities that often accompany size.   One of the areas in which the founders saw potential was international education.   In order to take advantage of the diversity of strengths and interests among the twelve colleges, they used the idea of “agent colleges,” each charged with the task of developing and leading GLCA programs in specific countries or regions.   For example, Oberlin had a long involvement with China, and took on responsibility for that country.   Earlham volunteered for Japan.   Being an agent college entailed managing the program abroad, recruiting and selecting students and faculty, arranging visas and transportation, etc.  This model has proved remarkably durable and successful, though not uniformly so.  It requires faculty champions, who when the time comes, will in turn be succeeded by new faculty champions.  For this to succeed, deans and presidents, too, must be committed to this kind of international education.

Before the first group, drawn from Earlham and Antioch students as a trial effort, came to Waseda in 1963, Earlham, like most U.S. colleges and universities, offered very little opportunity for study abroad outside of Europe.  It had a history of involvement with Japan dating back to 1893, but did not teach Japanese nor offer study opportunities in Japan.  Program development in Japanese studies began in 1959 with appointment of a young Earlham alumnus, Jackson Bailey, who had gone on to do a Ph.D. in Japanese history with Professor Edwin Reischauer at Harvard.  President Bolling played an important role in bringing Jack Bailey onto the Earlham faculty and in supporting his efforts.

A summer faculty seminar in Japan in 1962 helped some Earlham professors rekindle an interest in Japan that they had set aside, and caused others to develop a new interest.  Leonard Holvik in music, who had studied Japanese with Howard Hibbett at Harvard to be a translator during the Pacific War, was an example of the former, and Arthur Little in drama of the latter.  Years later the two of them collaborated in writing a successful Noh play, “St. Francis.”  Several outstanding contemporary foreign performers in Japanese traditional arts, such as Christopher Yohmei Blasdel and Richard Emmert, were among their students who became early participants in Japan Study.  In addition, young, well-trained teachers of Japanese were recruited from International Christian University (ICU), where Professor Fumiko Koide had developed a program dedicated to that purpose.

 A most important step was to develop a study opportunity in Japan.  But how?  And where?  In 1962, U.S. Ambassador to Japan Edwin Reischauer was asked by Professor Bailey, his former Ph.D. student at Harvard, about finding the right university to partner with in establishing a new program in Japan for American undergraduates.  Dr. Reischauer suggested Waseda, and introduced Jack Bailey to President Nobumoto Ohama.  President Ohama, with the support of then Director of Academic Affairs Harukaze Furukawa, liked the ideas and took the unusual step of bypassing much of the faculty bureaucracy and assembling a group of younger internationally-minded faculty, one key member of which was Professor Hitoshi Aiba, who visited Earlham and Antioch with President Ohama in September 1963.

Viewed in terms of the state of international education in the 1960’s, the ideas that Jack Bailey and Landrum Bolling presented to President Ohama were very innovative.  Very few American students studied abroad anywhere, and where there was a program, the prevailing model was to transplant American higher education to a foreign site, an example in Japan being Stanford’s program at ICU.  It was called, “Stanford in Japan,” and was, in fact, a Stanford abroad program only for its students.  There was no systematic approach to faculty development for either Stanford, or ICU faculty.

In contrast, the program at Waseda was, from the beginning, conceived by both sides as a partnership, however unlikely, between a large university and a consortium of small colleges.  These were institutions with very different cultures that worked to find new ways to work together toward developing faculty for the future.  The context in which they did this is very interesting:

In those days, very few American professors could use Japanese, or knew much about Japan, even when their fields of scholarship could have benefitted.  So President Ohama approved creation of a new position for a professional, bilingual Japanese to manage many of the administrative tasks, such as finding host families, smoothing relationships with those families, and solving daily problems along with numerous other responsibilities, thus freeing the visiting GLCA faculty member to study and teach.  Another very creative step at Waseda, which must have had President Ohama’s support, was inclusion of the visiting faculty member in the meetings of the International Division’s Steering Committee.  I know from personal experience how valuable these opportunities were in improving my understanding of Japan and its higher education system and governance.  I understand that upon creation of the new School of International Liberal Studies, the Kokusaibu and its Steering Committee ceased to exist, perhaps an inevitable price of progress.  But the opportunities for the Resident Director to teach and study fortunately continue.

In those days, very few Japanese professors, even those with serviceable English, had much contact with, or knowledge of, American approaches to teaching undergraduates.  So the GLCA set up a faculty exchange program that enabled Waseda faculty, usually younger faculty, to spend a year on one of our campuses.  Most of those faculty members later became leaders in the International Division, as did my good friend Professor Nobuo Hozumi of the School of Science and Engineering.

In addition to facilitating host families, Japan Study provided students with intensive Japanese language instruction, first at Earlham and then during the summer in Japan, and opportunities to work for three weeks on a Japanese farm in order to gain experience in rural Japan.  To find farm families we worked with the organization of people resettled from overseas following the 1945 surrender (the Nihon Kaitakusha Renmei).

It is worth emphasizing how easy it would have been for President Ohama to say “No” to Ambassador Reischauer and Professor Bailey, and how courageous it was for him to undertake positive exploration of these ideas.  Japanese higher education in that era was heavily under the influence of the German ideal of the university.  The job of the professor was to do research and to share knowledge; making the subject interesting or motivating students was not widely seen as part of the professorial role.  Moreover, Earlham was, and is, a small liberal arts college, a type of institution not found in Japan, with the exception of International Christian University.  When I first came to Japan in 1968, I found that many able and well-intentioned Japanese colleagues still had trouble understanding the role of the leading liberal arts colleges in the U.S.  They tended to confuse them with “tanki daigaku” or community colleges.  Since it was customary in Japan for students who went on to graduate school and become professors to stay in the same university, it was difficult for faculty in Japan to understand the U.S. system in which the leading graduate schools, e.g., Harvard, Yale, Chicago, etc., draw many, in some years most, of their doctoral students from the graduates of liberal arts colleges.  They also were surprised that faculty at leading research universities might encourage their undergraduate students to do graduate work elsewhere.  Thus Jack Bailey, with an undergraduate degree from Earlham and a Ph.D. from Harvard, and I, with an undergraduate degree from a research university, Duke, and a Ph.D. from Yale, were normal in the American context, exceptional in the Japanese.  I have gone into some detail on this point because I am deeply impressed with President Ohama’s vision, openness to new ideas and models of education, and skill at creating new programs.  We are all in his debt.

Conditions have changed greatly in these 50 years.  Both Japanese and American faculty now have much more international experience than either had in 1963, or in 1968 when I first came to Waseda as a visiting faculty member.  I hope that our reflections on this fiftieth anniversary will lead to new models of faculty development for our times.  And I hope that our continuing partnership can do as well going forward as we have done in the past. 

 

    早稲田大学とアーラム大学のパートナーシップの始まり                  

1962年と1963年には、お互いににあまり関係ないような2つのことが高等教育に起きた。アメリカでは、インディアナ州、ミシガン州、オハイオ州の12のリーダー的存在のリベラル・アーツ大学がGLCAというコンソーシアムを形成した。日本では、早稲田大学がアーラム大学と協力して外国人学生のために国際部を開設した。

この2つの共通点はアーラム大学がこの2つのできごとの始まりからかかわっていたということだった。GLCAの運営委員のリーダーがアーラム大学のランドラム・ボーリング学長であったことは偶然ではない。ボーリング学長は当時最も将来を見通すことのできる人物であった。

GLCAの背景にあった考え方は、大規模な大学が得られるようなベネフィットを、コンソーシアムとして官僚的組織の欠点を持たずに享受できるということであった。当時の創設者たちがそのポテンシャルのある領域として考えていたことの1つは、国際教育であった。12の大学には多様な学生たちがいて、各大学異なる興味があるということを利用していくために、それぞれの国や地方のプログラムをリードしていく「エージェント大学(事務局の大学)」という考え方を採用した。例えば、オーバリン大学は中国との長い関係から中国に関してのプログラムを担当した。エージェント大学になるということは、その国(地方)へのスタディ・アブロード・プログラムを運営し、GLCAの学生に広くプログラム参加を呼びかけ、学生の選抜をし、またそれにかかわる教員を選び、ヴィザや交通手段をアレンジするなどということが含まれた。このモデルは大変うまく機能し成功したが、全く問題がないというわけではなかった。機能するために必要な条件としては、プログラムを支えてくれる教員、またそれを引き継いでいく人材が不可欠である。そして教務部長や学長たちも国際教育に深くかかわる必要があった。

早稲田に正式な学生のグループを送り出す前に、アーラム大学とアンティオーク大学の学生たちが試みとして1963年に早稲田大学へ来た。アーラム大学は、その当時のアメリカの大学と同様にヨーロッパ以外の地域でのスタディ・アブロード・プログラムは、ほとんど学生に提供していなかった。アーラム大学は1893年にさかのぼる日本との歴史はあったが、日本語も教えておらず日本へのスタディ・アブロードもなかった。日本研究のプログラムは1959年に当時の若きアーラム卒業生のジャクソン・ベイリー教授が始めた。彼は、ハーバード大学にてエドウィン・ライシャワー教授の元で博士号を取得した。ボーリング学長は、ベイリー教授にアーラム大学にもどってくるように要請し、彼の努力をサポートするという重要な役割を果たした。

1962年の日本での夏の教員セミナーは、何人かのアーラム大学の教員には、以前にかかわっていた日本のことを再度思い起こさせ、また日本を全く知らなかった教員には日本への新たな興味を起こさせた。音楽科のレオナルド・ホルヴィック教授は前者である。彼はハワード・ヒベット教授ともにハーバード大学で、第2次世界大戦中に通訳になるように日本語を勉強していた。また、アーサー・リトル教授の場合は後者の例であった。数年後、二人は能の「セント・フランシス」という劇を制作した。日本の伝統的な芸術の傑出した外国人パフォーマーである、クリストファー・ヨーメイ・ブラスデルやリチャード・エマートはジャパン・スタディに参加し、またこの2人の教員の学生であった。また若く大変すばらしい日本語の教員を国際キリスト教大学からリクルートした。国際キリスト教大学では小出詞子教授がすでにそのような学生を育てるプログラムを開発していた。

最も重要なステップは、日本での学習の機会を作ることであった。しかし、どのようにしたらよいのか?また、どこで学習させるのか?1962年にエドウィン・ライシャワー在日アメリカ大使は、ハーバード大学での教え子であったベイリー教授にアメリカの大学生のための新しい日本でのプログラムを作るにあたって、適切な大学はどこであるかと質問を受けた。ライシャワー大使は早稲田大学を提言し、ベイリー教授に大浜信泉早稲田大学総長を紹介した。大浜総長はこれを良い考えと思い、当時の教務部長の古川春風先生の賛意を得て、普通とは異なるステップをとった。大浜総長は、教員の官僚的なシステムを通らず、若く国際的な志を持った教員達を募った。その中心的役割の相場均教授は、大浜総長と共に1963年9月にアーラム大学とアンティオーク大学を訪問した。

1960年代の国際教育の状況からすると、アーラム大学のベイリー教授とボーリング学長が早稲田大学の大浜総長に提案したことは、非常に革新的であった。外国で勉強する学生は当時大変少なかったし、そのようなプログラムのあるところでも、それは外国にアメリカの高等教育の場を移しただけのようなモデルであった。例えば、日本の国際キリスト教大学にあったスタンフォード大学のプログラムはその一例である。「日本におけるスタンフォード」と呼ばれ、実際にはスタンフォードの学生のみを対象にしていた。スタンフォードや国際キリスト教大学のいずれの教員にもシステムとしての教員研修などはなかった。

これと比較して、早稲田大学でのプログラムは開始当初よりパートナーとして両方の大学が協力をしていた。しかしこれは早稲田大学という大きな大学と、小さな大学の大学連盟との間の通常考えられない協力関係であった。双方の大学は大変異なる文化を持ちながらも、将来の教員を共に育てるということについて向かっていった。これが行なわれた歴史的状況は大変興味深いものであった。

当時は、日本語や日本のことを知ることが自身の学問の助けになったかもしれないが、アメリカ人で日本語を理解したり、日本のことを知っている教員はほとんどいなかった。よって、大浜総長はバイリンガルで大学の運営の仕事のできる新たなポジションを作ることを認めた。たとえば、ホストファミリーを探したり、ホームステイについて学生の相談相手になったり、日常の様々な問題を解決したりというような仕事である。そうすることによって、GLCAの客員教員はそのようなことを心配しないで、研究と教育に専念できるようにした。もう1つの早稲田における斬新なステップは、これはもちろん大浜総長の決断があってこそできたことだが、運営委員会にGLCAの客員教員を委員として迎えたということである。私は自分の経験からも、この機会が日本あるいは日本の高等教育のシステムとその運営を理解するのにどれだけ貴重な機会であったかよくわかる。新たな国際教養学部の創設とともに、旧国際部とその運営委員会は消滅したと理解している。しかし、RD の研究と教育の機会は幸運なことに今も続いている。

当時の日本人の教員は、たとえ英語を理解していてもアメリカの大学における教育のアプローチに接する機会がほとんどなかった。そこで、GLCAは早稲田の教員の交換プログラムを立ち上げた。通常若い教員がGLCAの大学のどこかで1年間過ごすプログラムだった。ほとんどの教員は、その後旧国際部のリーダーとなった。たとえば私の良き友人である当時の理工学部の穂積信夫教授などがその例である。

ジャパン・スタディは、アメリカからの学生にホストファミリーを提供するとともに、早稲田大学で授業が開始される前に集中日本語講座を提供した。最初はアーラム大学で、そして日本において夏の間に行なった。その後、日本の農家で3週間仕事をする機会を与えた。これは日本の地方の生活の体験をするためであった。ファーム・ステイの家族を探すためには、1945年以来の日本開拓者連盟に依頼していた。

私は特にここで強調したい。早稲田大学の大浜総長が、ライシャワー大使とベイリー教授に「ノー」ということは至極簡単なことだった。そしてこのアイデアについて積極的に取り組むには、なんと勇気が必要であったか。当時の日本の高等教育はドイツの大学のモデルに影響されていた。教員の仕事は、研究をすることと知識を分け与えることであった。授業を興味深いものにすることや、学生に学習意欲を起こさせるなどということはその仕事の一部としては認識されていなかった。その上、アーラム大学は当時も今も小さなリベラル・アーツの大学であり日本には類似したような大学は国際キリスト教大学以外には存在しなかった。私が1968年に初めて日本に来た時、多くの大変優秀な早稲田の教員の人たちに、アメリカのリーダー的存在であるリベラル・アーツ大学の役割を理解してもらえなかったことを覚えている。「短期大学」やコミュニティ・カレッジと混同していたようだった。また日本では、自分が勉強した大学で大学院に行き、そしてそこで教員になるということが習慣となっていたため、アメリカのエリート大学では(たとえばハーバード大学、イェール大学、シカゴ大学など)、年によってはその博士課程の大学院生全員がリベラル・アーツの大学の卒業生であるということもなかなか理解してもらえなかった。また、そのような有名な研究大学おいては、学士課程の学生に他の大学で大学院に進むようアドバイスをするということにも驚きを隠せなかった。ベイリー教授は、アーラム大学を卒業してハーバード大学で博士号を取得した。また私は研究大学であるデューク大学で学士課程を修了、イェール大学で博士号を取得した。これは、アメリカでは当たり前のことであるが、日本では例外的であった。私はこの点についてやや詳しすぎると思われる説明をしたが、それはいかに大浜総長が新しいアイデアや教育のモデルに対してオープンで、また新たなプログラムを創設する想像力とスキルに長けていたかということに、私が心から敬意を表していることをわかっていただきたかったからである。

この50年間に状況は多いに変化した。日本もアメリカも教員達は、1963年より、または私が初めて客員教授として早稲田を訪れた1968年よりもずっと国際的な経験をしている。私は、この50周年記念が我々の時代に即した新たなファカルティー・ディベロップメントのモデルとなることを希望している。我々が過去に成し遂げたように、このパートナーシップが継続するよう心から願っている。